Eスクールライフ

Eスクールライフ

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2020/7/30
販売価格
  • ダウンロード版 : 6,050円(税込)
  • パッケージ版 : 6,600円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「C」15歳以上対象
プレイ人数 1人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 3.3GB
amiibo 対応なし

『Eスクールライフ』は、2020年7月30日に発売された「どストレートな学園恋愛ADV」です。価格はパッケージ版6,600円(税込)/ダウンロード版6,050円(税込)で、対応ハードは「Nintendo Switch」「PlayStation4」になります。
本作のジャンルは恋愛アドベンチャーとなっており、プレイヤーはヒロインたちとの楽しい学校生活を送っていくことになります。

ストーリー

慣れない言語の壁に苦しめられる毎日を送っていた主人公(篠崎遼太郎:しのざきりょうたろう)が、日本に住んでいた頃の幼馴染(花園亨:はなぞのとおる)に海外生活が嫌だと相談するところからストーリーが始まります。

そして、幼馴染の協力もあり、主人公は亨とルームシェアするという形で無事に地獄のような海外生活から解放され日本に戻ることになるのです。

「再び日本に戻ることも嬉しいが、何より女子と話せるチャンスがある!新しい学園で恋をするんだ!」と意気込む主人公の学園恋愛物語になります。

ゲームのポイント

『Eスクールライフ』では、ヒロインと準ヒロインともに、あなたのアプローチしだいで恋愛ができます。登場するたくさんのヒロインとともに学内生活を過ごすこと可能です。

また、学園恋愛モノを楽しむために必要な「学園に通っている感覚」を得られるように、3つの時間の要素を組み入れています。

登校時間によるイベントの変化

学園への登校時間を「早い」「普通」「遅い」「さぼる」から選択できます。あなたの好きな時間で登校することができ、選択した項目によってイベントが変化します。

放課後の自由行動

放課後になると主人公が通う学園内マップを自由に選択・移動できるようになります。お好みのヒロインのいる場所へ出向き、放課後を一緒に過ごすことで、恋愛へ発展するチャンスが訪れます。

季節に応じたイベントが多数

舞台のスタートは5月、四季を通じた学園生活での恋愛模様を味わえるようになっています。「修学旅行」「夏休み」「シルバーウイーク」「クリスマス」「正月」「ヴァレンタイン」「卒業式」など、季節ごとに様々なイベントが発生します。

そのほか、ヒロインとのコミュニケーションにつながる情報を立ち話から獲得して、関係を深めていける「〈コミュニケーション〉×〈うわさ〉システム」を組み入れています。

教室や廊下などにいるモブ(生徒)を選択すると噂話を聞くことができ、ヒロインにつながる情報を獲得・収集できます。盗み聞きしたヒロインの情報を持って、ヒロインに会うとリアクションが変わり、会話が弾みたのしい時間を増やすことができます。

キャラクター

『Eスクールライフ』では、性格や個性が異なるキャラクターが登場します。

花園瑛美(はなぞのえみ) ※CV:春乃いろは

本作のヒロインで主人公の幼馴染の羽生学園1年生です。遼太郎とは5歳の時に知り合い、良く遊んでいました。遼太郎のことを非常に慕っているため、実の兄を差し置いて「お兄ちゃん」と読んでいます。小さい頃は我が強く周りを振り回して遼太郎たちに迷惑を掛けていたが、今は性格が落ち着きその頃の記憶は自身にとって黒歴史になっています。

東金望愛(とうがねみあ) ※CV:結城ほのか

遼太郎が転入した羽生学園2年C組の世話焼きなクラス委員長です。クラスメイトから慕われていますが、おっちょこちょいの一面もあります。図書委員に所属しており、放課後は主に図書室で過ごしています。

陣内莉佳子(じんないりかこ) ※CV:中家志穂

羽生学園2年D組の部活熱心な女の子です。人と話すことが苦手で、特に男性の前だと余計に自分の気持ちを伝えることができません。友達を多く作りたいと思っているが、会話が苦手なのでなかなか上手くいきません。

鈴山美里(すずやまみさと) ※CV:白雪砦

羽生学園3年生、幼馴染の亨と同じクラスの明るい先輩です。気配りができて、面白いことや楽しいことが大好きなキャラクターになります。そのため、男女の隔てなく人気があり、クラスのムードメーカー的存在です。

烏丸裕香(からすまゆか) ※CV:猫村ゆき

羽生学園の1年生で、大企業「丸製菓」社長の一人娘です。父親の指示で護衛役のSPが付いているせいで友達ができずにいます。学園の生徒からはおしとやかな性格だと思われていますが、実際には明るく無邪気な性格です。

吉村凛(よしむらりん) ※桃山いおん

羽生学園3年生、美里と同じクラスの先輩です。羽生学園で毎年行われる『ミス・ミスター羽生』のコンテストで優勝しています。ミスコンでのあまりの美しさから男性陣を石のように動けなくさせたことが理由で、「羽生学園のメデューサ」と呼ばれています。しかし、本人的にはその呼び方を不本意と思っているため、髪で素顔を隠すようになりました。

狭山恵梨奈(さやまえりな) ※河多和歌

主人公のクラスの担任で、生徒から『えりちゃん先生』と呼ばれています。信頼が厚く、生徒から進路相談や恋愛相談されることも多いです。生徒から人気があるキャラクターとなっています。

ゲーム開発者

メーカー エンターグラム

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「Eスクールライフ」
メーカー特集ページ 株式会社エンターグラム:「Eスクールライフ」

最終更新日:2021.03.31