大神 絶景版

大神 絶景版

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2018/8/9
販売価格
  • ダウンロード版 : 3,289円(税込)
  • パッケージ版 : 3,289円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「A」全年齢対象
プレイ人数 1人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 9.5GB
amiibo 対応なし

『大神 絶景版』は、2017年12月13日に発売されたネイチャーアドベンチャーです。対応ハードは「Nintendo Switch」「PlayStation 4®」「Xbox One」「PC(STEAM)」で、任天堂の価格ではパッケージ版3,289円(税込)/ダウンロード版3,046円(税込)になります。

ゲーム概要

『大神 絶景版』は、2006年にPlayStation®2で発売された『大神』をリファインした作品となっています。和で彩られた美しい世界・ナカツクニを舞台とした感動活劇「大神」が、色鮮やかにいきいきと描かれる高解像度のグラフィックになって帰ってきました。

本作では、原作「大神」のオリジナル画面と同じ4:3比率でのプレイを始め、ロード中のミニゲームの復活など、高解像度でありながら昔遊んだ体験に近い形でのプレイも可能です。

ゲーム内容

『大神 絶景版』の舞台となるのは、古代日本をモチーフにした自然あふれる世界・ナカツクニです。

本作の物語は、100年前のヤマタノオロチ退治伝説から始まります。桜の咲き誇る美しい村、神木村には怪物・ヤマタノオロチを鎮めるため、毎年神木祭の満月の夜に若い娘を生贄として捧げるという悲しき風習がありました。

そして、100年目の神木祭、生贄を選ぶ白羽の矢が突き刺さったのは村一番の美女・イザナミの家でした。イザナミに恋心を寄せていた剣士・イザナギは生贄を阻止しようと、イザナミの代わりにヤマタノオロチの潜む十六夜の祠(いざよいのほこら)へ赴きます。懸命にオロチに立ち向かうイザナギであったが、鋼のようなオロチの体には傷一つ付けることができません。

そんな時、イザナギを救ったのが、ヤマタノオロチの使いとして村人から忌み嫌われていた1匹の白狼(白野威)でした。白野威の力を借りたイザナギは、手にした宝剣「月呼」によって何とかオロチを封印します。しかし、白野威はオロチとの戦いで傷つき息を引き取ってしまいます。

それから100年が経ち、イザナギをさまざまな神秘の力で手助けをした白野威は、神木村にある神木の袂に像が作られ、村の守り神として祀られていました。しかし、オロチを封じていた宝剣「月呼」が何者かに引き抜かれ、オロチは復活してしまうのです。

世界の危機を感じ取ったご神木の精霊・木精(もくせい)サクヤは神木村の白野威像からアマテラスを復活させ、ナカツクニの命運をゆだねます。そして、ヤマタノオロチを倒し、ナカツクニの安寧を取り戻すために、絵師のイッスンと共に旅にでるのです。

妖怪たちの邪気によって枯れてしまった、各地に存在する生命の源「塞の芽」を復活させることで荒廃した世界を蘇らせていくストーリーとなっています。

ゲームシステム

『大神 絶景版』は、「筆しらべ」と「三種の神器」のシステムを駆使してストーリーを進めていきます。

筆しらべによる奇跡

「筆しらべ」とは、世界を絵のように切り取り、筆を走らせることで様々な奇跡を起こす、アマテラスにしか扱えない森羅万象を操る「神の力」です。

プレイヤーは「筆しらべ」を駆使し、時には失われたものを蘇らせたり、時には枯滝に花を咲かせたりしながら、ストーリーを進めていきます。また、一部の戦闘でも使うことができます。

「筆しらべ」の力を持つアマテラスは、ヤマタノオロチとの戦いで肉体を破壊され、力を失っているため、ストーリーを進めながら現世に散っている分神と出会うことにより、力を取り取り戻していきます。

「三種の神器」での戦闘

世界に光を取り戻すため、妖怪たちと戦っていくアマテラスは、「三種の神器(鏡/勾玉/剣)」を駆使して攻撃をします。

「三種の神器」は武器として一度にメイン武器とサブ武器の2つを装備することが可能で、各神器はメイン装備の場合とサブ装備の場合で攻撃効果が変化します。

みごとに妖怪を退治できれば、美しい自然を取り戻すことができます。

ゲーム開発者

メーカー カプコン

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「大神 絶景版」
メーカー特集ページ カプコン:「大神 絶景版」

最終更新日:2021.03.30