GOD WARS 日本神話大戦

GOD WARS 日本神話大戦

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2018/6/14
販売価格
  • ダウンロード版 : 6,028円(税込)
  • パッケージ版 : 6,578円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「B」12歳以上対象
プレイ人数
  • 1人
対応コントローラー
  • Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 3.1GB
amiibo 対応なし

『GOD WARS 日本神話大戦』は、2018年6月14日に発売されたタクティクスRPGゲームです。価格はパッケージ版6,578円(税込)/ダウンロード版6,028円(税込)で、対応ハードは「PlayStation®4」「PlayStation®Vita」「Nintendo Switch™」なります。

本作は、「日本最古の歴史書である古事記」「古来、人々が親しんできたお伽噺」をモチーフにした世界観と戦略性で高い評価を頂いた『GOD WARS ~時をこえて~』に、新シナリオやキャラクター、改善を加えた「タクティクスRPGの決定版」です。

ゲームストーリー

『GOD WARS 日本神話大戦』は、富士国・出雲国・日向国の三国を中心とする、人々と八百万の神々が住む美しい自然に囲まれた瑞穂国が舞台となっています。

瑞穂国の民は、穏祖霊を敬い自然と共生しながら生活をしていました。しかし、技術の発展に伴い、鉄など加工技術が向上すると、人々は争いを始め、自然を破壊し、祖霊敬わなくなりました。

そんな中、各地で洪水や地震、噴火などの自然災害が起こり始めます。富士国女王ツクヨミは、各地の天変地異を止めるべく、人柱として愛娘サクヤを火口に捧げます。さらに、新たな危機に備えるためサクヤの妹カグヤを竹の結界に幽閉し、そのまま姿を消してしまいます。

それから13年。カグヤは、「生贄の定め」に抗い、自らの手で運命を切り拓くため、幼き日に別れた母を探す旅にでます。待ち受けていたのは、富士・出雲・日向による三国の争い、冒険のなかで出会う、多くの仲間達と共に、数々の苦難を乗り越えていきます。

本作は、それぞれの運命を背負いながら森羅万象と果敢に戦い、その人生を煌かせた英雄たちの群青劇を描いていくストーリーとなっています。

ゲームシステム

『GOD WARS 日本神話大戦』は、箱庭型の3Dマップを採用しています。フィールドには、段差や川があり敵と味方との位置や、高低差を考え自軍のキャラクターを行動させて戦っていきます。。

戦闘はターン性バトルで行われます。キャラクターには、素早さのステータスがあり、早い順に行動していきます。全キャラクターの行動が終了すると1ターンが終わります。

また、本作の戦闘には「けがれ」と呼ばれる、システムが採用されています。けがれは敵に攻撃したり味方を回復したりすると、「けがれ」が付与されます。けがれが付与されると敵に狙われやすくなるなど効果が発生します。

戦闘のスキルは、MPを消費して行うシステムになっています。スキルは攻撃からサポート用まで400種類以上が存在します。
また、戦闘中に溜めた奥儀ゲージ(花びら)を消費することで発動できる強力なスキルもあります。ゲーム序盤は、使用することができませんが、ストーリーが進行することで複数のスキル(奥義)が使えるようになります。

キャラクター職業

『GOD WARS 日本神話大戦』のキャラクターは、「戦士系」「回復支援系」「攻撃妨害系」の「初級職」から始まります。

そして、キャラクターごとの職業レベルを上げ、上位職への条件を満たすことで、「中級職」「上級職」へと職業が変化していきます。「中級職」「上級職」に上がるにつれ、キャラクターのスキルも変化・強化されていくのです。

そのほか、固有のキャラクター専用の「専用職業」もあるので、自分好みのキャラクター構成が作成できます。

前作との違い

『GOD WARS 日本神話大戦』では、前作のメインシナリオ「時をこえて」に加え、追加シナリオ「日向の未来」「新たなる敵」が導入されています。さらに、これまで語られてこなかったカグヤ一行の過去や宿命が明らかになる新シナリオ「黄泉の迷宮」も展開されます。

また、システム面では、プレイヤーの行動によって物語の結末が分岐するマルチエンディングシステムを採用されています。プレイヤーの行動によっては、三姉妹に託された使命が明かされる“真の結末”が明らかになります。
キャラクター面では、カグヤのライバルとして前作に登場した日向の王子「モモタロウ」とお供の「イヌ」「サル」「キジ」が本作で追加されます。さらに、新追加キャラクターとして、カグヤたちをサポートする巫女の少女「オリヒメ」が新たに登場します。

そのほか、本作はバトルスピードの高速化や、キャラクターやスキルのレベル上限開放、出撃人数の増加など、プレイアビリティが前作よりも改善されています。

ゲーム開発者

メーカー 角川ゲームス
美術 箕星太朗 竹安佐和記

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「GOD WARS 日本神話大戦」
メーカー特集ページ 角川ゲームス:「GOD WARS 日本神話大戦」

最終更新日:2021.03.31