DARK SOULS REMASTERED

DARK SOULS REMASTERED

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2018/5/24
販売価格
  • ダウンロード版 : 4,730円(税込)
  • パッケージ版 : 5,280円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「D」17歳以上対象
プレイ人数
  • プレイ人数1人
  • インターネット通信1〜6人
対応コントローラー
  • Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 4.0GB
amiibo 対応

『DARK SOULS REMASTERED』は、2018年5月24日に、フロム・ソフトウェアがリリースしたアクションRPGゲームです。対応ハードは、PlayStation4、Xbox One、Windowsでしたが、2018年10月18日にNintendo Switch版が発売されました。
Nintendo Switch版の価格は、パッケージ版が5,280円(税込)、ダウンロード版が4,730円(税込)となっています。

本作は、2011年に発売された初代『DARK SOULS』を最新のゲーム機向けにリマスターしたのもので、グラフィックが向上しています。

ダークソウルシリーズとは

ダークソウルシリーズは、2009年にリリースされた『Demon's Souls』の流れを汲んでおり、ゲーム中に何度も死んでしまうことから、「死にゲー(超高難易度ゲーム)」の代表格と言われています。

同じく「死にゲー」の『仁王』や『SEKIRO』は、ダークソウルシリーズの影響を受けていると言われおり、ダークソウルをもじった「ソウルライクゲーム」とも言われています。

そんなダークソウルシリーズですが、SNS上では、「何度も何度も倒されて、やっとの思いでクリアしたときの達成感が魅力」と評されています。

ゲームの内容

『DARK SOULS REMASTERED』は、フィールドに配置されている敵を倒しながらステージを探索し、「目覚ましの鐘」を2つ鳴らすことを目的としています。各ステージにはボスもいます。

ステージは3Dフィールドになっていて、プレイヤーはフィールド内を自由に移動して、敵と戦ったり、探索して武具などのアイテムを入手したりできます。
また、各ステージはシームレスに繋がっていて、ステージ移動時にロードなどが発生することはありません。

また、最初から行けるステージが複数あり、ある程度攻略の順番に自由があります。
そのため、攻略サイトを見て、最短ルートで最強武器を手に入れ、最終ボスを攻略する遊び方ができます。

本作はインターネットに繋げば、オンラインでの協力プレイができます。
1人での攻略が難しかった場合には、友人や家族に参加してもらい、道中の敵やボスと協力して戦うことができます。

プロローグ

遠い過去、世界は霧に覆われ、光も闇もない灰色の世界には古龍が君臨していました。
いつの日か、「最初の火」が起こり、世界に変化をもたらし、「熱さと冷たさ」「生と死」「光と闇」といった概念が生まれます。

そして、闇から生まれた者たちが古龍を討伐し、火の時代が始まりました。
そんな「最初の火」も消えかけ、火の時代が終わろうしていました。

そして、世界には不死になる病が蔓延し始めていました。
不死人はやがて「人間性」をなくし、「亡者」となり人を襲う存在です。
そのため、不死人はすべて北の大地にある牢獄「不死院」に、世界の終わりが来るまで閉じ込められるのです。

騎士である主人公も不死人であり、不死院に牢獄されていました。
そこに、同じの不死の騎士が現れ、不死院から主人公を脱出させます。

助けてくれた騎士は、自身が亡者になることを察して、主人公に使命を託します。
「目覚ましの鐘を鳴らし、不死の使命を知れ・・・」

主人公は目覚ましの鐘を鳴らすため、神々の地「ロードラン」を旅します。

本作では、プレイヤーに「ロードランで目覚ましの鐘を鳴らす」という目的だけが与えられ、そこから先のストーリーや世界観に関してはゲーム中に多くは語られません。
なぜなら、運営側が「ダークソウルシリーズのストーリーは、プレイヤー自身が作っていくもの」と考えているからです。

そのため、NPCとの会話、アイテムの解説テキストなどから得られる情報をもとに、自分なりのストーリーや世界観を創造していくことができます。
もし同居人や友人が本作をプレイしていれば、一緒にストーリーや世界観を考察して語ることもできます。

参照:「DARK SOULS III」は大きな区切り―ディレクター・宮崎英高氏が語るこれまでの道のりと作品に込めた思い。
『DARK SOULS(ダークソウル)』ディレクター宮崎氏に直撃インタビュー!

バトルシステム

プレイヤーは、剣や槍などによる近接攻撃や、弓や魔法による中・遠距離攻撃で敵と戦います。
戦闘は基本的に、盾や剣でのガード、ローリングやバックステップで回避を行いながら、敵に攻撃していきます。
ロックオン機能があるため、常に敵を正面に捉えながら戦うことができます。

また、本作は「刀」「斧」「クロスボウ」など武器が20種類あります。敵の攻撃パターンによっては最適となる武器が異なるため、状況を分析しながら武器を装備する必要があります。

キャラクター作成

本作は、性別、容姿、素性(職種)を自由に決めてキャラクターを作成できます。
素性によって、初期ステータス値や装備が異なります。

素性の種類は「戦士」「騎士」「放浪者」「盗人」「山賊」「狩人」「魔術師」「呪術師」「聖職者」「持たざる者」の10種類です。

本作は「額の幅」「額の深さ」「眉の濃さ」など顔の各パーツを詳細に設定できるので、自分だけのオリジナルキャラクターを作成してプレイできます。
例えば、自分に似たキャラクターを作成して、実際にダークソウルの世界で冒険している気分で楽しみながらプレイすることができます。

初代との違い

『DARK SOULS REMASTERED』は、初代『DARK SOULS』から大幅にアップグレードされているので、ゲーム内で一部変更点があります。

【変更点】

  • グラフィックの向上
  • DLC「ARTORIAS OF THE ABYSS」が収録されている
  • 1個ずつしか使えなかったアイテムを一括で使用できるようになった
  • オンライン人数が最大4人から最大6人
  • 合言葉マッチング機能の追加により、フレンド同士でのマッチングが可能になった

オンラインプレイ

本作は、インターネットにつなげた状態でプレイすると、他プレイヤーとのコミュニケーションや協力プレイなどができます。

また、インターネットに接続した状態でプレイすると、プレイヤーのフィールドに様々な現象が発生し、普段とは違った雰囲気でプレイできます。
たとえば、自分のフィールドに、他プレイヤーが操作しているキャラクターの姿がうっすらと表示されたり、他プレイヤーが倒されたときの血痕が地面に付着していたりします。

ちなみに、血痕を調べると、他プレイヤーが倒されたときの映像を再生できます。

メッセージ

特定のアイテムを使用して、地面にメッセージを書くと、そのメッセージが他プレイヤーの世界に出現します。

たとえば、通路の先に敵がいることを伝えるため、「この先敵あり」と他プレイヤーの世界にアドバイスを残して、ストーリー攻略を手助けすることができます。

協力プレイ

特定のアイテムを使用して地面に召喚サインを書くと、自身が他プレイヤーの世界に召喚されます。
友人たちを誘って最大4人の協力プレイで難関ダンジョンの攻略に挑戦できます。

試練の戦い

試練の戦いでは、他プレイヤーと戦えます。
試練の戦いには「決闘」「共闘」「乱闘」の3種類のバトル形式があります。

比較 決闘 共闘 乱闘
参加人数 2人 4~6人 4人/6人
バトル形式 1人対1人 2人対2人 / 3人対3人 バトルロイヤル

参照: https://www.fromsoftware.jp/manual/darksoulsremastered/ps4/network3.html

プレイヤーは「試練の戦い」をプレイすることで、フレンドや世界中のプレイヤーを相手に自身の実力を試すことができます。

amiiboとの連動

本作は、「太陽の戦士 ソラール」のamiiboに対応していて、amiiboを読み込むと、ジェスチャー「太陽賛美」を使用できます。

編集部レビュー

「Game Times」編集部の『DARK SOULS REMASTERED』に対するレビューを紹介します。

高難易度ゲームにチャレンジしたい人におすすめ

本作は落とし穴など初見殺しのギミックや、思いもよらぬ場所からの敵襲、ボスが強いなどゲーム攻略難易度が高くなっています。運要素や力押しでゲームを進められるようにはなっていません。

装備と敵の相性を考えたり、回復をこまめに行うなど戦略を練って戦えば、ゲームを攻略できるようになっています。
そのため、緊張感ある高難易度ダンジョンにチャレンジしたい人におすすめのゲームとなっています。

ゲーム開発者

メーカー フロム・ソフトウェア
プロデューサー 宮崎英高

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「DARK SOULS REMASTERED」
メーカー特集ページ DARK SOULS REMASTERED:「公式サイト」

最終更新日:2021.05.19