キューブクリエイターX

キューブクリエイターX

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2018/4/26
販売価格
  • ダウンロード版 : 2,444円(税込)
  • パッケージ版 : 3,456円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「A」全年齢対象
プレイ人数 1人/ ローカル通信2〜4人/インターネット通信2〜4人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 1.3GB
amiibo 対応なし

『キューブクリエイターX』は、2018年4月26日に、アークシステムワークスがリリースしたクリエイティブアクションアドベンチャーゲームです。
対応ハードはNintendo Switchのみで、価格はパッケージ版が3,456円(税込)、ダウンロード版が2,444円(税込)となっています。

本作は、キューブクリエイターシリーズの第3作目となっており、キューブの種類が増えるなど新要素が追加されています。

ゲームの内容

『キューブクリエイターX』は、「キューブ」と呼ばれるブロックで構成されたワールドで、冒険、バトル、建築、農業など様々な遊びができるゲームです。
たとえば、ワールド中を冒険したり、木材を集めて「木の弓矢」をクラフトしたり、剣を装備してモンスターと戦うことなどができます。

ワールドには地形の概念があり、森林、山岳、南国、砂漠、絶海といった場所が存在します。
地形によって出現する動物やモンスターも異なります。森林ではヒツジ、砂漠ではウマなどが出現したりします。
また、各ワールドにはレアモンスターが存在しており、森林ではツチノコ、砂漠ではファラオが出現したりします。

本作のメインとなるアドベンチャーモードでは、住人からの依頼を達成しつつ、ワールド中を冒険して「石板のかけら」を探し、新しいワールドを解放していくことになります。

冒険中、倒したモンスターは捕獲できて、餌を上げればペットとして一緒に冒険に連れていくことが可能です。
ペットを冒険に連れていくと、ペットに乗って移動したり、モンスターに攻撃させたりできます。

ちなみに、操作キャラクターは食料を食べるとHPを回復するだけではなく、身体のサイズが変化します。サイズはS・M・L・XLの4サイズです。
サイズを小さくして狭いところを通れるようにしたり、サイズを大きくしてモンスターの攻撃に耐えられるようにしたりできます。

本作の最大の特徴は、「新しいワールドを解放する」という目的以外にも、自身で好きな遊び方を見つけられる点です。

例えば、ゲーム内では好きな建物を自由に建築できるため、レゴブロックの代わりに本作をプレイさせることにより、子供の創造性を養うこともできます。しかも、レゴブロックは、片付けが面倒くさいため、子供が出しっ放しにしがちですが、ゲームであればその心配もありません。

その他のゲームモード

『キューブクリエイターX』は、「アドベンチャーモード」のほかに、「クリエイティブモード」「ステージビルダーモード」があります。

アドベンチャーモードとクリエイティブモードは最大4人でのマルチプレイに対応しています。
マルチプレイは、ゲーム機本体を持ち寄ってプレイするローカル通信と、全国のプレイヤーとプレイするインターネット通信があります。
マルチプレイなら、「ちょっと素材が足りないから手分けして集めよう!」とか、「どんな感じの家にする?」と友人や家族と相談しながら遊ぶことができます。

クリエイティブモード

クリエイティブモードとは、400種以上用意されたキューブを使用して、自由に建物をクラフトできるゲームモードです。
本作から家具キューブが追加されています。家具リストから椅子、ベッド、窓など、好みの家具を選択することで、そのまま配置できます。

現実世界での自宅や海外のお城など、自由に想像を働かせて自分だけのオリジナル建物をクラフトできます。

ステージビルダーモード

ステージビルダーモードとは、仕掛けがある「ギミックキューブ」や「通常キューブ」を組み合わせて、スタート、ゴール、クリア条件があるオリジナルの3Dステージを作るゲームモードです。

ステージ作成では、空中移動するキューブ(ギミックキューブ)や、モンスター、アイテムなどを配置できます。

作成したステージを「みんな広場」で投稿すれば、全国のプレイヤーに遊んでもらえます。

前作との違い

『キューブクリエイターX』は、前作の3DS版『キューブクリエイターDX』から大幅にアップグレードして、新要素が追加されています。
【新要素】

  • NPCとの会話が可能になった
  • ワールド数の増加
  • 天候の概念が追加(嵐など)
  • キューブの種類が3倍になり計400種類以上
  • キャラクターに重さや大きさの要素が追加
  • キャラクターやキューブに「燃える」「凍る」など温度要素が追加(例:雪原地帯でキャラクターが凍る、キューブを燃やして炭にするなど)
  • ペット育成要素の追加
  • パーツのコピー機能、パーツ登録機能が追加
  • スナップショット機能とSNSへの投稿機能が追加

スナップショットを利用すれば、クラフトした家の外装や内容をTwitterなどのSNSにアップして、全国のプレイヤーに自慢することができます。

編集部レビュー

「Game Times」編集部の『キューブクリエイターX』に対するレビューを紹介します。

子供にもおすすめ

操作方法が常に画面右上に表示されており、テキストはすべて、ひらがな・カタカナなので、子供でも理解してプレイできます。

また、本作に登場する主人公やモンスターは可愛らしいデザインとなっているので、小学校低学年の子供や母親にもとっつきやすくなっています。

そのため、本作は子供にもおすすめのゲームとなっています。

ゲーム開発者

メーカー アークシステムワークス

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「キューブクリエイターX」
メーカー特集ページ アークシステムワークス株式会社:「キューブクリエイターX」

最終更新日:2021.05.17