魔界戦記ディスガイア5

魔界戦記ディスガイア5

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2015/3/26
販売価格
  • ダウンロード版 : 7,678 円(税込)
  • パッケージ版 : 7,678 円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「B」12歳以上対象
プレイ人数 1人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 7.6GB
amiibo 対応なし

『魔界戦記ディスガイア5』は、2015年3月26日に、日本一ソフトウェアがリリースした史上最凶のシミュレーションRPGゲームです。
長らく対応ハードはPlayStation4のみでしたが、2017年3月3日にNintendo Switch版が発売しました。Nintendo Switch版の価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに7,678円(税込)となっています。

本作は、魔界戦記ディスガイアシリーズの第6作目となっており、新要素として「リベンジモード」「魔チェンジ」といったバトルシステムが追加されています。

ゲームの内容

『魔界戦記ディスガイア5』は、ステージに配置されている敵を倒しながら各ステージを攻略して、魔帝ヴォイドダークを倒すことを目的としたゲームです。

バトルは、敵味方が順番に行動する「ターン制」と「攻撃]などのコマンドを入力して戦う「コマンド制」を採用しています。

本作の最大の特徴は、他の「ファイアーエムブレム」や「サモンナイト」などのシミュレーションRPGにはない、底なしのやり込み要素があることです。やり込み要素には、「敵に100億超のダメージを与える」や「キャラクターレベルを9999にする」「超高難易度のステージをクリアする」などがあります。

特に、超困難のステージをクリアするためには、キャラクターを限界のレベルまで育てることが必要になります。そのため、一度本作のやり込み要素にハマると、携帯モードを利用して、自宅だけではなく、通勤・通学の時間もバトルに没頭することになるでしょう。

ストーリー

【あらすじ】

宇宙には無数の魔界が点在し、各魔界は悪魔とそれらを従える魔王が存在していました。そんな宇宙に、魔帝ヴォイドダークが出現しロスト軍を率いて、多くの魔界を滅ぼし支配していきました。そして、ストーリーは絢爛魔界(けんらんまかい)の姫魔王セラフィーヌが率いる軍と、ロスト軍が戦争をしているところから始まります。

セラフィーヌ軍がロスト軍に苦戦を強いられている中、突如、主人公キリアが乱入し、1人でロスト軍一個小隊を全滅させます。セラフィーヌはキリアの強さを気に入り、プライベートで使用しているミニ魔界にキリアを連れていきます。

そして、キリアはヴォイドダークを倒すためにセラフィーヌと行動をともにします。

4Gamer.netの「日本一ソフトウェア社長の新川宗平氏にインタビュー」によると、過去作のキャラクターはメインストーリーに登場せず、ストーリーも分かりやすさを重視して作られているとのことです。

そのため、ディスガイアシリーズを初めてプレイする方でも、ストーリーを楽しめクリアまで飽きずにゲームを楽しめることでしょう。

バトルシステム

本作は、魔界戦記ディスガイアシリーズで採用されていた「持ち上げる&投げる」「魔物投げ」「魔チェンジ」などのシステムに加え、「リベンジモード」と「魔奥義」という新システムが追加されています。
【バトルシステム】

バトルシステム 内容
持ち上げる&投げる 人型キャラ固有の技。隣接したキャラクターを複数人持ち上げ、他のマスに投げられる。
持ち上げ状態での待機もできる。
魔物投げ 魔物型キャラ固有の技。有効範囲にいるキャラクターを他のマスに投げる。
持ち上げ状態での待機はできない。
魔チェンジ 魔物型キャラが武器に変身し、人型キャラが装備できる。
魔チェンジした武器をさらに魔チェンジして武器の強化・巨大化を図ることもできる。
リベンジモード ダメージを受けたり、仲間がやられると各キャラクターに設定されているリベンジゲージが溜まっていく。
満タンになるとステータスが大幅に向上。
魔奥義 特定のキャラクターがリベンジモード中に発動できる技。
強力な攻撃技や特殊行動が発動される。

本作は、戦闘中いつでも「魔物投げ」や「特殊技」など、戦闘に関する説明を確認できます。また、コマンド制バトルなので、コマンドを入力しない限りバトルは進行しません。そのため、コマンド入力の際に「このターンには魔物投げを使おう」「この敵は魔奥義を使って倒そう」など、友人や家族とプレイを相談しながらゲームを進めることもできます。

拠点システム

拠点システム拠点には「スカウト屋」「チート屋」など、様々な施設があります。スカウト屋では、キリアやセラフィーヌなどメインキャラクター以外のキャラクターを作成できます。

キャラクターは、40種類以上の職種(種族)の中から選択し、名前・ステータス・レベルなどを自由に設定できます。キャラクター作成時に支払った金額が多いほど、高レベルや、高ステータスでキャラクターを作成できます。

チート屋では、敵の強さ(20段階)やお金の取得率など、ゲーム内の設定を自由に変更できます。たとえば、敵の強さを弱くしてお金の取得率を上げれば、サクサク敵を倒してたくさんのお金を獲得できます。

そして、貯めたお金を利用すれば、ゲーム序盤からユニット屋で強力なキャラクターを作成することができます。また、ゲーム難易度を変更する機能もあるので、友人や家族などでゲームが苦手な人がいれば、難易度を下げた別のセーブデータを作成してプレイさせてあげることも可能です。

前作との違い

前作との違い本作は『魔界戦記ディスガイア4 Return』から、大幅にアップグレードして新要素が追加されています。
【新要素】

  • 魔物型の投げ:本作から魔物型のキャラクターも「投げ」を使用できる。
  • 武器を2つ装備:本作から武器を2個装備できる。攻撃時に武器を切り替えることが可能。
  • 魔界調査団:パーティーに編成していないキャラクターを調査団として魔界に送り込むことで、経験値やレア武器などを入手してくる。
  • 部隊屋:新人教育部隊やチャネリング部隊などがあり、キャラクターを好きな部隊に所属させることができる。部隊ごとに得られる効果が異なり、部隊によっては効率的にキャラクターを育成できたりします。

編集部レビュー

編集部レビュー「Game Times」編集部の『魔界戦記ディスガイア5』に対するレビューを紹介します。

1つのゲームをじっくりとプレイしたい人におすすめ

1つのゲームをじっくりとプレイしたい人におすすめ本作はトロフィー屋が設けられており、トロフィー数は全51種です。
内容は、「キャラクターレベルを9999にする」のほかに、本編クリア後に挑戦できるシナリオ「後日談」のクリアや、敵が極端に強くなるモード「修羅次元」のクリアなどがあります。トロフィーをコンプリートするのに100時間以上かかる人が多いので、1つのゲームでじっくりとプレイしたい人におすすめです。

ゲーム開発者

メーカー 日本一ソフトウェア
プロデューサー 新川宗平
美術 原田たけひと

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「魔界戦記ディスガイア5」
メーカー特集ページ 魔界戦記ディスガイア5:「公式サイト」

最終更新日:2021.05.12