リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-

リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2018/8/30
販売価格
  • ダウンロード版 : 6,380円(税込)
  • パッケージ版 : 6,380円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「A」全年齢対象
プレイ人数 1人
対応コントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 708.0MB
amiibo 対応なし

『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』は、2018年8月30日に、マーベラスがリリースしたドラマチック冒険生活ゲームです。
対応ハードは、Nintendo SwitchとPlayStation4で、Nintendo Switch版の価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに6,380円(税込)となっています。

本作は、「牧場物語シリーズ」生みの親である和田康宏氏が送るゲームです。

ゲームの内容

『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』は、倒れた母の代わりに、双子の子供がカフェを切り盛りするゲームです。

プレイヤーは、双子の内1人を選択して操作します。
プレイヤーは食材採集のため島を冒険し、集めた食材を使ってカフェで料理を作って、お客に提供していきます。
お客に美味しい料理を提供していくと、カフェの評判が上がり、物語の進行に関わるお客が訪れるようになります。
彼らは悩みを抱えていて、指定された料理を提供することで悩みが解決します。
悩みが解決すると物語が進行していきます。

本作の特徴として、プレイヤーはカフェを切り盛りしつつ、1体のドラゴンを育てていきます。
ドラゴンは物語のキーキャラクターで、物語が進行していくと成長していきます。

また、ドラゴンは「ドラゴンアクション」を行うことができ、食材採集を手伝ってくれたり、岩などの障害物を破壊するなど、プレイヤーのサポートをしてくれます。

本作の最大の魅力は実際のカフェ経営を疑似的に体験できるということです。料理を出すにしても食材が必要で、従業員に対してもさぼらないように注意しなければなりません。そのため、子供にプレイさせて実際のカフェ経営の大変さを知るための教材として利用することもできます。

ストーリー

ある島に「Little Dragon’s Cafe」と呼ばれる小さなカフェがありました。
カフェでは、母親が料理をして、双子の子供たちがお手伝いをしていました。
ある日、朝になっても母親が目を覚まさなくなります。

そんなとき、双子の前に謎のおじいさんが現れ、「母親はドラゴンと人間のハーフである。母親が目を覚まさない理由は、ドラゴンの血と人間の血が調和していないからだ」と双子に告げます。
そう言った謎のじいさんは、突然ドラゴンの卵を取り出し、「美味しいごはんを与えて立派なドラゴンを育てれば、母親を救える。君たちはドラゴンを育てつつ、母親が大事にしてきたカフェも続けなさい」と言います。
そうして、双子の子供たちは、ドラゴンを育てつつカフェを営むことになります。

ゲームシステム

プレイヤーが行うことは「食材採集」「料理」「従業員管理」の3つです。
プレイヤーは、従業員の管理を行いつつ、新鮮な食材を採集して料理を作ります。

食材採集

本作は、料理を作るために、ドラゴンと一緒にフィールド中を駆け巡って食材を集めます。
食材はフィールドのあらゆるところで手に入ります。
たとえば、野菜類はフィールドの茂みを調査すると入手でき、肉類は「ズッキンドン」「ヤキドリ」と呼ばれるモンスターを倒すことで入手できます。
ちなみに、食材には「新鮮な」「希少な」「かがやく」という3つのランクが設定されています。

また、フィールドには「レシピのかけら」が落ちていることがあります。レシピのかけらを4つ集めることで、新しいレシピが完成します。レシピはスタッフやお客さんからもらえることもあります。

料理

料理を行う際、プレイヤーはリズムゲームを行います。
画面上部に出現するノーツに合わせて、指定されたボタンを押していきます。

使用した食材のランクとリズムアクションの結果によって料理の出来具合が評価されます。料理の出来具合がいいと、お客の満足度も上がり、結果的にお店の評判も良くなります。

従業員管理

物語が進行していくと、従業員が増えていきます。従業員は、主人公が食材の採取などで店を空けている間、接客・料理・片付けなどを行ってくれます。

本作は、料理の出来具合に加えて、従業員の働きもカフェの評判に影響します。
従業員にはさぼり癖があり、仕事をさぼっている姿をお客に見られてしまうとカフェの評判が下がります。

プレイヤーが外出しているときに従業員が仕事をさぼると、通知が来ます。プレイヤーはカフェの評判を下げないために、従業員を叱るといった行動もします。

編集部レビュー

「Game Times」編集部の『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』に対するレビューを紹介します。

ストーリークリア後のやり込み要素も豊富

本作はやり込み要素として「食材コンプリート」と「復元レシピコンプリート」があります。
食材は全160種、復元レシピは全100種あるので、ストーリーをクリア後も5~10程度は遊べる内容となっています。

ゲーム開発者

メーカー マーベラス
プロデューサー Masaru Yoshioka
プログラマー Yuta Yamada

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-」
メーカー特集ページ メーカー :「リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-」

最終更新日:2021.04.09