アレスタコレクション

アレスタコレクション

amazon.co.jpの商品画像

発売日 2020/12/24
販売価格
  • ダウンロード版 : 4,950円(税込)
  • パッケージ版 : 7,480円(税込)
最安価格
対応機種
  • Nintendo Switch
対象年齢 CERO「A」全年齢対象
プレイ人数
  • 1人
対応コントローラー
  • Nintendo Switch Proコントローラー
必要容量 371.0MB
amiibo なし

『アレスタコレクション』は、2020年12月24日に発売されたシューティングゲームです。価格はパッケージ版7,480円(税込)/ダウンロード版4,950円(税込)で、対応ハードは「Nintendo Switch」「PlayStation®4」になります。

本作は、1988年に発売された縦スクロールシューティングゲーム『アレスタ』を皮切りに、コンパイル社が脈々と制作してきた人気作『GGアレスタ』『GGアレスタII』『POWER STRIKE II』の4作品が収録されています。
また、本作のために制作されたゲームギア用完全新作『GGアレスタ3』が収録しています。

アレスタシリーズ

『アレスタ』は、1988年にコンパイル社によって開発・発売されたコンピュータゲーム、およびそのシリーズ(アレスタシリーズ)のゲームのことです。アスレタシリーズはいずれのゲームバージョンにおいても「アレスタ」と名付けられた飛行機隊が主役となっています。

本作のシリーズ最大の特徴は、ほぼ全シリーズにおいて高難易度のシューティングゲームとして設計されていることです。
敵の耐久力が高いため、Aボタンで連弾で勝てるステージはほとんど存在しません。しかし、自分で主人公の期待をある程度カスタマイズできる点、各ステージでの立ち回りを覚えれば攻略できない難易度ではありません。そのため、ゲームオーバーになっても「次はどう言った立ち回りをしようか」、「どういったカスタマイズにしようか」と考え始め、気づいた時には時間を忘れて、ゲームに熱意しています。

収録タイトル

『アレスタコレクション』は、過去作である『アレスタ』『GGアレスタ』『GGアレスタII』『POWER STRIKE II』の4作品と本作完全新作となる『GGアレスタ3』の計5作品で構成されています。

『アレスタ』

1988年にセガ・マークIII用に発売された『アレスタ(ALESTE)』です。アレスタシリーズのストーリーの基軸となった作品になります。
ストーリーは、コンピューター「DIA51」の異常によって進化した生物(μ植物)にアレスタに登場した主人公が立ち向かう内容となっています。全シリーズの宿敵である巨大コンピューター「DIA51」との戦いはここから始まっているため、一番初めにプレイすることをおすすめします。

『GGアレスタ』

1991年に発売された『GGアレスタ』は、『アレスタ』の流れを濃く受け継ぐ、ゲームギア用の作品となっています。『GGアレスタ』の主人公は全て女性パイロットである「エリノア(エレノア)・ワイゼン」が搭乗しています。『アレスタ』の世界観とは異なり、パラレルワールド上の別ストーリーとして設定されています。

『GGアレスタII』

1993年に発売されたゲームギア用『GGアレスタII』です。3Dステージや新兵器「Gストライク」を搭載し、『アレスタ』や『GGアレスタ』よりもパワーアップされた作品です。ストーリーは、10代にして天才的なパイロットのセンスを持つ少女「エリノア・ワイゼン」が地球奪回のため、G.G.アレスタを駆って、虚空の洗浄へと立ち向かう内容となっています。

『POWER STRIKE II』

マスターシステム版「POWER STRIKE II」は、一部海外のみで発売された幻のアレスタで、アレスタの集大成ともいえる作品です。

『GGアレスタ3』

『GGアレスタ3』は、人気シューティングゲームを作り上げてきたスタッフが手掛けた本作の完全新作のタイトルとなっています。地球上の政権・軍事力をわずか数時間のうちに掌握したテロ組織に、パイロット候補生リュナ・ワイゼンがアレスタに搭乗し立ち向かうストーリーとなっています。

編集部レビュー

「Game Times」編集部の『アレスタコレクション』に対するレビューを紹介します。

高難易度のシューティングゲームを求めている方におすすめ

本作は、1988年に発売された初代アスレタからGGアレスタ3を収録したコンプリートエディションになっています。
特に初代のアレスタは高難易度のシューティングゲームと知られているため、腕に自信があるシューティングゲームプレイヤーにはやりごたえのあるゲームとなっています。
また、基本的にグラフィックや操作性は当時のものをそのまま採用しているため、子供の頃にプレイしていた人は懐かしさを覚えながらプレイすることができます。

ゲーム開発者

メーカー エムツー

公式サイト

Nintendo公式販売ページ My Nintendo Store:「アレスタコレクション」
メーカー特集ページ エムツー:「アレスタコレクション」

最終更新日:2021.07.29